journal gris

2017.1.19

「Bead Art(2017年冬号)」掲載

Bead Embroidery

まずは、ジュエリーの話。

仕事柄、毎月さまざまなジュエリーの展示会にお邪魔します。

大規模なバイヤー向け合同展示会、
作家さん数人のこじんまりとしたもの、
最近流行りの地場産業をベースにしたもの(例えば、陶器や藍染めなど)。

 

数年前はパールが大流行でした。

クラシカルなネックレスはもちろん、キャッチに使ったり、
樹脂に閉じ込めたり、絵を描いたり。
和風なテイストも多かったですね。

 

ちょっと前は、ガラスが流行りました。
少しモードな気分だったのでしょう。

 

そして最近、ぐっと増えてきたのが「やわらかい素材」です。

糸や布、そしてレース。
言葉から、可愛らしいナチュラルテイストを連想されるかもしれません。
ロングスカートを履いた「森ガール」のような。

 

でも、違うんです。

 

もっとカチッとしていて、洗練されていて、ジュエリーと呼ぶに相応しい、

そんな絶妙な「やわらかさ」が今の気分なのだと思います。

 

Edited with Polarr Photo Editor
Cotoha:オートクチュール刺しゅうの煌びやかさを活かしつつ、日常で使いたい温かさのある作品。

 

次に、刺しゅうの話

 

流行ってますね。
「手づくり」の中で、ここ数年一番市場が広がったジャンルです。
この流行、いままで手づくりをしてこなかった方が

「この図案なら刺してみたい」

「このアイテムなら使いたい」

と参加しているためと言われています。
「北欧」や「シンプル」がキーワードなライフスタイルと相性がよかったのでしょう。

 

ただ、その流行からも2-3年が経ちました。
「ハンカチの隅の素朴なワンポイント刺しゅう」にも、少し飽きがきた昨今。
本格志向のもや、シンプルな中にもラグジュアリーさのあるものが求められ始めています。

 

前置きが長くなりましたが、ビーズ刺しゅうについて

先の「やわらかさ」「糸・布」「ラグジュアリー」が混じり合う場所が
この「ビーズ刺しゅう」だと思います。

 

stitch
Stitch:糸の刺しゅうに、パールや天然石をあしらって。大人っぽい可愛らしさ。

 

もちろんこの先にはより本格的な
オートクチュール刺しゅうの世界が待っているのですが、
まずは手軽なビーズ刺しゅうがスタート地点だと思います。

 

cotoha3
Cotoha:様々な素材の組み合わせで個性的に。

 

「トレンド」という言葉は人為的な香りがするのであまり使わないのですが、
「時代の気分」は確かにあって、
多くの人が無意識に求めることでできています。

 

いつものジュエリーとはまた別に、もしくはその作風を取り入れて。

 

今の気分が詰まった手づくり、ビーズ刺しゅうを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

Edited with Polarr Photo Editor
Cotoha:温かい動物モチーフです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Bead Art(2017年冬号)」に掲載されました。

 

soカバー


 ■「オトナのビーズ刺繍ブローチ」(マガジンランド)¥1,350−
 著者 MON PARURE

 シンプルにシードビーズで作ることができます。